警備の求人をお探しの方はシンテイ警備株式会社へ!警備員(警備士)の仕事と選び方の注意点を解説!

警備の求人をお探しの方はシンテイ警備株式会社へ!警備員(警備士)の仕事と選び方の注意点を解説!

警備の求人が気になっているけれど、「警備員(警備士)の仕事は厳しい仕事なのではないか」「女性でも働けるのか」と考えている方もいるでしょう。実際には必ずしも男性ばかりが求められているのではなく、女性が必要とされる場合もあります。こちらでは、警備士の仕事に関するイメージ、警備の求人の選び方や注意点についてお伝えします。

警備の求人からイメージする警備員(警備士)とは?

求人からイメージする警備員

警備員(警備士)の求人を検討している方は、業務内容にどのようなイメージを抱いているのでしょうか?一般的に警備士の仕事として、イメージされるのは下記2点があります。

◇男性が中心の職場

警備士という業種は下記の理由から、男性の仕事という印象を持っている方も少なくありません。

  • 過去に見てきた警備士は男性の割合が高い
  • 体力仕事のイメージがある

しかし、警備と一口にいっても工場の警備やイベント会場での誘導、商業施設の見回りなど幅広い種類の仕事があります。空調が管理された屋内の警備業務ならば、天候による体力の消耗も少なくなりますし、勤務時間が決まっているシフトパターンもあるため、働きやすいと感じる方もいらっしゃいます。また、女性トイレや授乳室といった男性スタッフでは見回りが難しい場所への勤務は、女性警備士が求められています。

シンテイ警備株式会社でも、男女を問わず働きやすい労働環境の整備に取り組んでいます。詳しくは下記からご覧ください。

◇業務の時間が長い

工場などで朝早くから夜遅くまで働く警備士を見て、勤務の時間が長いという印象を持つ方もいます。勤務先によっては、8時間から10時間ほどと、一般的な仕事の勤務時間と変わりありません。また、24時間勤務でも、丸一日仕事をしているわけではありません。24時間勤務の実際の勤務時間は16時間程度となり、残りの時間は休憩時間や仮眠時間となるのが一般的です。24時間勤務のあとは2日間休みとなることが多く、警備の仕事の勤務時間が特別長いということはないのです。

警備員(警備士)の仕事は今後も需要がある

警備員(警備士)は需要が多く、求人は今後も減らないと予想されます。都圏を中心に、オフィスビルやショッピングセンターなどの商業施設は増加傾向にあります。ビルやショッピングセンターが増えるということは、警備の仕事も必要になるということです。

警備業界は常に新しい人材を求めており、応募した方の採用される確率は高い状況にあります。特に正社員や準社員はより多く必要とされています。

シンテイ警備株式会社は、平均勤続年数が15年と長く務めている方が多い会社です。研修制度をしっかり整えているため、未経験の方も安心してスタートできます。

求人情報から警備会社を選ぼう!仕事の選び方とは?

警備士の仕事の選び方を解説します。

◇未経験者の可否

まず警備会社で仕事した経験のない方は、未経験可と書かれているかをチェックしておきましょう。未経験について記載されていない場合、経験者中心の研修や指導方法の可能性があります。

◇キャリアアップ制度の有無

正社員や準社員で応募し、将来的にも長く仕事したいと考えている方は、キャリアアップ制度や資格手当が充実しているかをチェックしておくのもおすすめです。特に資格の有無で担当できる仕事の種類が変わってくるのが、警備士です。資格取得を推奨しているか、取得に向けたサポートがあるかはキャリアアップに向けて大きく影響します。

警備の求人を見る際の注意点

警備の求人の注意点

警備会社の求人欄をチェックする際の注意点は、まず実働時間と拘束時間です。本来休憩時間であってもすぐに出動する可能性があるならば拘束時間にあたり、給与が発生します。また、勤務先が希望どおりになるかどうかは、何号業務かをチェックするのが重要です。

  • 1号:施設の警備や巡回警備、機械警備などの室内業務
  • 2号:交通誘導警備や雑踏警備などイベント施設、外での業務が中心
  • 3号:貴金属運搬警備や危険物運搬警備業務などの特殊な警備
  • 4号:いわゆるボディガードにあたる身辺警備

地方から東京へ上京する場合、東京の生活をサポートしてくれるかどうかも見ておきましょう。シンテイ警備株式会社は、東京での社宅を完備しており、採用赴任手当などもご用意しています。

警備の求人に応募したい方はシンテイ警備株式会社へ!

警備の求人を見る場合、勤務時間や何号業務なのかをチェックしておくことが大切です。また警備士の仕事が初めての方は未経験者可で募集されているのか、キャリアアップ制度があるのかどうかも選び方の注意点です。

警備士の仕事は需要が多く、今後も減らないと予想されています。女性でも働ける仕事で、かつ女性が求められる勤務場所もあります。

シンテイ警備株式会社は、施設警備・イベント警備・駐車場警備・花火警備・学校警備など、幅広い警備の仕事を請け負っています。東京都内には営業所が多くあるため、自宅から近い勤務地に配属することが可能です。

警備の求人をお探しならシンテイ警備株式会社へ

会社名 シンテイ警備株式会社
住所 〒104-0041 東京都中央区新富1丁目8−8 シンテイビル
フリーダイヤル 0120-01-1977
電話 03-3551-4611
FAX 03-3551-4012
URL https://www.shintei.co.jp/
営業種目
  1. 個人及び団体に対しての身辺警備
  2. 現金、貴重品、並びに重要書類の護送業務及びその為の運送事業
  3. 事務所、工場、商店、ビル等の警備保障の請負
  4. 個人及び企業の信用調査業務の請負
  5. 防犯、防災等に関する助言、並びに設備器具の販売
  6. 防犯、防災等に附帯する調査
  7. 各種動産、不動産の賃貸及び販売
  8. 放置車両確認事務
  9. 公共の場所における放置自転車、駐輪場等管理業務の請負
  10. 自転車利用者に対しての道路交通法遵守啓発業務の請負
  11. 防犯、防災訓練の請負
  12. 受付案内業務並びに入園者整理業務処理請負
  13. イベントの企画運営並びにスタッフ請負業務
  14. 高級マンション、ビル等の管理業務
  15. 前各号に付帯する一切の業務