女性の活躍の推進を目指して

女性の活躍の推進を目指して

一般事業主行動計画

シンテイでは、性別を問わず各々の能力を最大限発揮できるような就労環境の実現に向けて取り組みを開始しました。

◇計画期間

平成28年4月1日より平成30年3月1日

◇取り組み目標

従業員全体の残業時間を月間平均30時間以内を達成する。
  • 長時間労働を是正し、性別、生活背景、体力差等による業務の量的評価差等の発生を是正する。
  • 長時間労働を是正することによる、余暇時間の私生活への振り替えを推進し、生活全体の充実を図る。

◇取り組み内容

  • 組織全体及び部署ごとの数値目標の設定とフォローアップの実施。
  • 時間当たりの労働生産性を重視した人事評価の実施。
  • 管理職の人事評価における長時間労働の是正・生産性向上に関する評価の実施。
  • 組織内の業務状況の情報共有及び上司における業務の優先順位付や業務分担の見直し等のマネジメントの徹底。
在籍総数・女性の増加率

「女性活躍推進法」とは

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)が2015年8月28日に国会で成立しました。

これにより、働く場面で活躍したいという希望を持つすべての女性が、その個性と能力を十分に発揮できる社会を実現するために、女性の活躍推進に向けた数値目標と取り組みを盛り込んだ行動計画の策定・公表や、女性の活躍に関する情報の公表が事業主(国や地方公共団体、民間企業等※)に義務付けられました。
※常時雇用する労働者が300人以下の民間企業等にあっては努力義務

女性活躍推進1