交通誘導など警備の求人ならシンテイ警備株式会社へ!交通ルールの重要性・雑踏警備との違い・注意点を解説

交通誘導など警備の求人ならシンテイ警備株式会社へ!交通ルールの重要性・雑踏警備との違い・注意点を解説

交通誘導警備は、ビルの駐車場や道路工事などで非常に重要な役割を果たします。そのため、交通誘導の求人募集は非常に多く出されています。交通誘導警備を始める前には、交通ルールや雑踏警備との違いなどを理解しておく必要があります。今回は交通誘導の基本的な知識と重要な注意点について解説します。

交通ルールを理解することの重要性

交通ルールの理解は重要

交通誘導警備の仕事で重要なことは、交通ルールを理解することです。交通誘導警備では、交通ルールに従って車両と歩行者の両方の安全を守らなければならないためです。

例えば、車両が通行している横断歩道を歩行者が通る場合、交通ルールに従って歩行者の通行が優先となります。安全に誘導するためにドライバーに交通ルールを守ってもらうことも重要です。また、他の車両や歩行者を妨げない状況であっても、信号が赤であれば通行を許可してはなりません。このように、交通誘導警備は交通ルールに従った的確な判断が必要です。

交通誘導警備士を目指す場合、交通ルールや安全な誘導などの研修を受けられる企業を選ぶ必要があります。シンテイ警備株式会社では、研修センターでの専門教育、本社での入社研修、OJTなどを行っており、9割の社員が未経験者からスタートしています。

資格を取得してキャリアアップ!

交通誘導の警備員がキャリアアップを目指すなら、資格取得がおすすめです。そこで交通誘導の警備員がキャリアアップをするために大切な交通誘導警備業務検定という資格についてご紹介していきます。

交通誘導警備業務検定とは、「人や車両の流れがある場所で、事故を未然に防ぐために必要な知識を問う検定」です。交通誘導警備業務検定には、1級と2級があり、2級を受験する場合は特に条件はありません。ただし、1級を受験する場合は、交通誘導警備業務検定2級を取得後、該当する警備業務に1年以上携わることが必要です。
交通誘導警備の資格を取るメリットは、多くの需要があり資格手当が出るという点です。交通誘導警備を行う場所では、定められた配置基準により交通誘導警備業務検定の取得者を1人以上配置することが義務付けられている路線があります。

雑踏警備と交通誘導の違いとは?

交通誘導警備と似た仕事に、雑踏警備があります。雑踏警備は交通誘導警備と同じ「2号警備」という業務に分けられるため、交通誘導警備と混同されやすい仕事です。
交通誘導警備の代表的な例は、工事現場です。工事現場や建築現場などで交通に支障がある箇所、特に車道や歩道をふさぐ箇所では、歩行者の誘導を行います。交通誘導警備はドライバーの誘導などを行い、交通を円滑に進める業務です。

雑踏警備の代表的な例はイベント会場です。ライブやお祭りなど人が多く集まるイベント会場は、誰かが案内や誘導しないと会場の人々が混乱して、思わぬ事故につながりかねません。

そのような事故が起きないように、雑踏警備の業務には、イベント会場で人々の誘導や入退場の整理、会場の見回り、人々の案内など、会場の利用者を守る業務が含まれます。

交通誘導員としての注意点

交通誘導員の注意点

交通誘導員は、交通ルールを守り事故を起こさないように努める仕事です。仕事を全うするために、以下の注意点を把握しておきましょう。

◇体調を整えて仕事をする

交通警備は、業務中に少しでも気が緩むと大きな事故につながりかねません。業務中に事故を起こさないためにも、仕事には万全な体調で取り組む必要があります。睡眠を十分にとり、当日は集中した状態で仕事に臨めるように体調を整えておきましょう。

◇ドライバーとのコミュニケーションを重視する

交通誘導は1人ではできません。ドライバーの協力があってこそ安全な交通誘導が行えるのです。ドライバーが自発的に交通誘導に協力するためには、ドライバーとの十分なコミュニケーションが必要です。ドライバーの立場も理解し、不快な発言や表現に気をつけることが大切です。

◇周囲を広く観察する

交通誘導は、誘導するドライバーだけでなく、歩行者や他のドライバーの動きも観察する必要があります。そのため、常に周囲を確認して視野を広げておくことが重要です。

交通誘導の仕事が未経験であっても、シンテイ警備株式会社の研修で交通誘導警備のポイントを身につけることができます。交通誘導警備にご興味がある方は、ぜひご応募ください。

交通ルールを守って交通誘導員(警備士・ガードマン)を目指そう

交通誘導員(警備士)の主な仕事は、交通ルールに則った車両の誘導です。交通誘導員を目指す方は、雑踏警備など似ている仕事との違いや注意点を理解しておくことも大切です。業務にあたる場合は、交通ルールの理解やドライバーとのコミュニケーションも欠かせません。

シンテイ警備株式会社では、交通誘導員(警備士)を募集しています。研修制度が充実しており、未経験からスタートしたい方をサポートいたします。

交通誘導などの求人をお探しの方はシンテイ警備株式会社へ

会社名 シンテイ警備株式会社
住所 〒104-0041 東京都中央区新富1丁目8−8 シンテイビル
フリーダイヤル 0120-01-1977
電話 03-3551-4611
FAX 03-3551-4012
URL https://www.shintei.co.jp/
営業種目
  1. 個人及び団体に対しての身辺警備
  2. 現金、貴重品、並びに重要書類の護送業務及びその為の運送事業
  3. 事務所、工場、商店、ビル等の警備保障の請負
  4. 個人及び企業の信用調査業務の請負
  5. 防犯、防災等に関する助言、並びに設備器具の販売
  6. 防犯、防災等に附帯する調査
  7. 各種動産、不動産の賃貸及び販売
  8. 放置車両確認事務
  9. 公共の場所における放置自転車、駐輪場等管理業務の請負
  10. 自転車利用者に対しての道路交通法遵守啓発業務の請負
  11. 防犯、防災訓練の請負
  12. 受付案内業務並びに入園者整理業務処理請負
  13. イベントの企画運営並びにスタッフ請負業務
  14. 高級マンション、ビル等の管理業務
  15. 前各号に付帯する一切の業務